So-net無料ブログ作成
検索選択

Surface Dial 購入 [Thinkpad]

Surface Dial を購入しました

IMG_2995.jpg6/15に日本でも発売されたSurface Dialを購入してみました。

全機能を使用するには、今のところSurface Studioでの利用となりますが、Surface専用という訳ではないです。

IMG_2993.jpg

IMG_2994.jpg

パッケージは、非常にコンパクトです。
箱の造りも、しっかりとしています。

機器依存は無いようですが、対応OSはAnniversary Update以降が適用されたWindows10となり、Bluetoothが搭載されていれば良いようです。

IMG_2995.jpg

箱を開けると、Surface Dial本体がお目見え。

IMG_2996.jpg

本体下には、簡単なマニュアルが収められています。
ドライバ等のメディア類はありません。

IMG_2997.jpg

底面には、保護シールが貼られておりますが、粘着力のあるラバー状の材質となります。

IMG_2998.jpg

底面カバーは、適度な磁力により張り付いています。
カバーを外すと、単四電池2本の入れ口とBluetoothの同期ボタンがあります。

同期ボタンを長押しすると、白色LEDのインジケータが点滅する仕組みです。

IMG_3001.jpg

ちょっと見づらいですが、技適マークもこちらに刻印されています。

001.jpg

設定>デバイス を表示した後、Surface Dialを同期モードにし、「Bluetoothまたはその他のデバイを追加する」を選択します。

002.jpg

リストにSurface Dialが表示されたら、選択します。

003.jpg

設定メニューに「ホイール」が追加されます。

004.jpg

音量、スクロール、拡大、元に戻す、が標準で設定されており、加えてカスタムメニューとアプリを追加することができます。

007.jpg

カスタムメニューでは、キーボード操作のショートカットを登録することができます。

005.jpg

Surface Dialを長押しすると、画面上にSurface Dialメニューが表示されます。
デフォルトでは、画面中央に表示されますが、任意の位置へ移動することができます。

006.jpg

こちらはIEを選択している時にSurface Dialメニューを表示したケースですが、アプリに応じて表示されるメニュー内容も変わります。


マイクロソフト Surface Dial サーフェス ダイヤル 2WR-00005

マイクロソフト Surface Dial サーフェス ダイヤル 2WR-00005

  • 出版社/メーカー: マイクロソフト
  • メディア: エレクトロニクス






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。