So-net無料ブログ作成

Intel NUC 「NUC6i7KYK」購入 [コンピュータ]

Intel NUC「NUC6i7KYK」を購入しました

IMG_2304.jpg
パワーは抑えられているが、コンパクトな筐体に機能的な内部構成をしているハードウェアとして、以前からNUCは興味がありました。

そんな中、ゲーミングNUCの名を冠した製品が発売されました。

ふらっと秋葉原を散策していると、店頭で普通に売られているのを見て、思わず即買いしてしました・・・ 悪いクセです。

IMG_2303.jpg

これまでのNUCは、ストレージはM.2接続x1、SATA接続x1構成だったのですが、このNUC6I7KYKは、M.2接続のみながら2枚装着可能です。

IMG_2319.jpg

オンボードのRAID機能(Rapid Storage Technology)でRAID0/1も可能との事だったので、サムスンのMZHPU512HCGL-00000を2枚購入しました。

IMG_2317.jpg

メモリは、Crucial のCT2K16G4SFD8213を選択。SSDと比較してメモリは値段がこなれて来ている印象があります。

IMG_2310.jpg

この製品は、ACアダプタは付属されていますが、ワールドワイド展開を考慮(?)してか、電源ケーブルは「付属されていません」。
しかも、俗に「ミッキータイプ」と呼ばれている形状のものなので、店頭では意外と探すことになりますのでご注意ください。

IMG_2305.jpg

IMG_2306.jpg

IMG_2307.jpg

IMG_2308.jpg

こんな感じで段重ねで梱包されております。

箱を開けると、まず製品本体とご対面!というのがここ数年のトレンドでしょうか。

標準ではドクロマークのパネルが装着されておりますが、マーク無しのパネルも付属されております。また、モニタ裏の取り付け用に、VESA規格の金具も付属されております。

IMG_2309.jpg

こちらがACアダプタの電源ケーブル側の形状です。

IMG_2311.jpg

天板側のパネルを外すと、このような感じです。
付属の六角レンチを使用して開け閉めできます。

IMG_2312.jpg

上の金属パーツに白いケーブルが繋がってるのは、恐らくwifiアンテナかと思われます。
その下の青、白のコネクタは何でしょうかね?拡張用なのか、出荷前のテスト用なのか・・・

IMG_2313.jpg

こちらが底面です。通常のドライバで開け閉め可能です。ネジが天板に留まるタイプとなっていて、ネジの紛失に配慮されています。

また、この底板は厚みのある金属性となっており、廃熱板も兼ねていると思われます。

IMG_2314.jpg

NUCにしては珍しいと思われますが、ノートPC並みのサイズの冷却ファンが配置されております。高負荷時はファンの回転音も上がるので、無音PCとはいかないですし、冷却性能も不足気味であるとも思います。

IMG_2315.jpg

IMG_2318.jpg

ファン横にはメモリスロットx 2があり、装着するとこんな感じ。

IMG_2316.jpg

IMG_2320.jpg

さらにその横にSSD用のM.2スロットがあり、装着するとこんな感じ。

IMG_2321.jpg

本体前面には、電源スイッチ、SDスロットや給電機能付きのUSB3,0コネクタ、ヘッドフォン端子などが並びます。電源ボタンはON時には白色に点灯します。

IMG_2322.jpg

本体背面には、ACコネクタ、スピーカー端子、ネットワーク端子、UDB3.0x 2、DP端子、Thunderbolt端子、HDMI端子と並びます。

thunderbolt端子経由も使用すれば、最大3画面へのモニタ接続も可能であるようです。

次回は、結構ハマったRAID構成へのWindows10導入を紹介したいと思ってます。


Intel NUC Core i7-6770HQ搭載 小型PCベアボーン M.2 SSD対応 BOXNUC6I7KYK

Intel NUC Core i7-6770HQ搭載 小型PCベアボーン M.2 SSD対応 BOXNUC6I7KYK

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: Personal Computers











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。