So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイレゾ対応ヘッドホン XBA-A2 と MUC-M1BT1を購入 [Xperia]

IMG_0994.jpg

ハイレゾ対応ヘッドホン「XBA-A2」と「MUC-M1BT1」を購入しました。
Xperia Z2のAndroid 4.4.4への配信に伴うアップグレードにより、ヘッドホンジャックでのハイレゾ再生
にも対応したとの事。

以前より、ハイレゾ音源には興味があったので、この機会に環境を整えてみることにしました。

ハイレゾ音源を再生するには、ハイレゾで記録された音声ファイル、ハイレゾ再生機器、ハイレゾ対応
のヘッドホンやアンプが必要です。

ハイレゾ音声ファイルは、ネットで購入してダウンロードするのが主流なので、ヘッドホンを探しに行きました。

今、家電量販店では、日に日にヘッドホンコーナーが拡大しており、新製品も次々出ている状況です。

これは、特にハイレゾが火付けとなっているわけではないとは思いますが、ちょっと高級なモデルも飛ぶ
ように売れているそうです。

特にアテがあったわけではないので、Xperiaとの相性で問題が出ないだろう、同じSONY製を購入する
ことにしました。

最初はヘッドホンタイプにしようかと思ったのですが、自宅だけではなく通勤でも使えた方が、パフォー
マンスが良いと考えてインナーイヤータイプの「XBA-A2」にしました。

IMG_0994.jpg

SONYのハイレゾ対応の製品群で一番下の製品ですが、それでも高級モデルということもあり、パッケー
ジもクオリティが高いです。

この上には、Z5とA3というモデルがあります。普段なら「いっちゃんええやつ」を買う私なのですが、
音に関してはそこまで違いがわかるほうではないので、そこまでに投資が怖かったので避けました。

また、Z5とA3は、耳の上にひっかけるタイプのものなるのですが、私のようなメガネをかけている人
には、メガネのツルと干渉して具合が悪いため、避けたのも理由の1つ。
A2は、耳の横からそのまま挿すタイプです。

IMG_0995.jpg

中の箱にもこだわりを感じます。

IMG_0996.jpg
IMG_0997.jpg

箱を開くと、いきなりXBA-A2本体がお出迎えしてくれます。
最近、Apple製品などで、こういう演出が増えていますが、私は好きですよ!

IMG_0998.jpg

ケーブルも、リモコン対応、非対応の2タイプが予め用意されています。大判振る舞いですね!

IMG_0999.jpg

IMG_1001.jpg

収納ポーチもついてました。ただ入れるだけではなくて、ケーブルをまとめるタグも付いていて、利便性
も考慮したものになっています。

ちなみにこのポーチの中に、クリップとイヤーピースが入っているので、ご注意を。
付属のイヤーピースですが、ハイブリッドとシリコンフォームの2タイプがあるのですが、シリコンフォーム
は別の箱の中にあるので、一見すると欠品しているかと感違いします(笑)

そして、今回の飛び道具「MUC-M1BT1」です。

IMG_1006.jpg

最近のヘッドホンは、より良い音質にこだわるため、LRを分離したバランス接続などの高級ケーブルと
交換するために、ヘッド部とケーブルが分かれるようになっている製品が多く出ています。

この製品は、そのケーブル部分をBluetoothで本体からワイヤレス化するためのものです。
なんか、すごいニッチなエリアを狙った製品ですよね!SONYらしくてとても良い!(笑)

IMG_1008.jpg

製品は、約90cmくらいの長さのケーブルと、充電用のmicroUSBケーブル。

IMG_1009.jpg

ケーブルの2か所にある筒状のものは、1つは電源兼操作ボタンとBluetoothアンテナを内蔵しており、
もう1つはバッテリとのことです。

ケーブル中間の黒い部分は、NFCタグが入っており、本体との接続設定に使用します。

IMG_1010.JPG

これが、充電用のmicroUSBコネクタです。一見すると独自規格の接続口ですが、一般のmicroUSBケー
ブルが利用可能です。

IMG_1011.jpg

こちらは、充電中の図。

聞き比べてみるために、moraから同一の曲で、通常音源とハイレゾ音源のものを購入して、ダウンロード
しました。

WS000000.jpg

1曲のみの購入ですが、通常音源が257円でサイズ9.25MB、ハイレゾオ音源が540円でサイズ128MB
でした。やはり、ハイレゾはサイズもコストも割高になります。しかも、サンプリング周波数が96kHz/24bit
なので、より高品質の192kHzになれば、さらにサイズもコストも増えると予想されます。

実際の聞き比べですが、私レベルの耳では、「全っ然、別物じゃないか!」という程の違いが分からなか
ったというのが正直な感想です。

それは、通常音源が、品質的に結構頑張っているのもあるのかと思います。
また、本当にXperia Z2のヘッドホン端子からハイレゾ再生されているかどうかも、比較対象は無いので
分からないということもありますが。

ただ、何度か比べてみると、ハイレゾ音源の方が、楽器ごとの音がより分離されており、音のフェードア
ウトもより自然であることがわかります。

ただ、これを自分の親や友人に聞かせてみて、「どう?違うだろ?」と聞いてみても、すごく気を使った表
情をしながら「・・・・うん、そうだね」と言われそうな違いなのですよ、はい。

また、ハイレゾ音源もまだ豊富でななく、入手方法もネットからのダウンロード中心なことも相まって、まだ
まだ趣味性の強い商品であると感じます。

まあ、買って後悔するってものではないですが。

とにかく、他のハイレゾ再生環境との比較対象が無いので、あくまで参考レベルのレビューとしてお読み
頂ければと思います。

ただ、このXBA-A2自体の再生レベルは非常に高いと感じました。
10年位前に購入したちょっと高めのヘッドホンよりも、明らかに音質や解像感が高いです。

次にMUC-M1BT1についての感想ですが、まずBluetoothってこんなに良い音が出せたんだ!という
のが真っ先の印象でした。

それもそのはず、これまでは「SBC」というコーデックでのみ利用していたので、これが今回aptXに変わ
った事が一番の原因でした。

また、やはりワイヤレスというは非常にストレスレスですね!

XBA-A2を購入して数日は有線で利用していたのですが、それまで通勤ではずっとBluetoothヘッドホン
でしたので、音質は良いが取り回しでストレスを感じてました。

MUC-M1BT1に付け替えて通勤してみると、「そうだよ、これこれ!」とワイヤレスの良さを実感しました。

Xperia本体とヘッドホンそれぞれに充電が必要となるし、そもそも別売のBluetoothヘッドホンを買わな
ければならないので、普通に考えると「なんでそこまでして」とお思いでしょうが、この快適さは一度体験
しないと分からない部類のものなのだと思います。

もちろん、MUC-M1BT1に付け替えると、ハイレゾ再生ではなくなるので、その点ご注意を。

しかし、ヘッド部分はXBA-A2ですし、aptXの再生品質の良さもあり、予想以上の再生環境となりました。

じっくり聞きたいときは、有線でXBA-A2を使い、普段はMUC-M1BT1でフットワーク良く使うというスタイル
になりそうですね!


ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-A2

ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-A2

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



ソニー ワイヤレスオーディオレシーバー MUC-M1BT1

ソニー ワイヤレスオーディオレシーバー MUC-M1BT1

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

MIG

makimakiさん>

nice!ありがとうございます!
by MIG (2014-11-17 08:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。