So-net無料ブログ作成
検索選択

デジタルコードレス電話機(VE-GDW03DL)購入 [雑記]

自宅の固定電話用の電話機を買い替えしました。

IMG_0513.jpg
数年前に購入した自宅のコードレス電話機があったのですが、結構雑音がひどくて困ってました。

要因として、無線LANや家電(電子レンジ等)の電波帯との干渉があるようです。

最近の製品を調べてみると、他との干渉が少ない1.9 GHzの帯域を使用しているものが出ている
ようです。

丁度、検討しているこの時期にスマートフォンとの連携が特徴の製品、Panasonic製「VE-GDW03DL」
が発売されたので、こちらを購入してみました。

IMG_0513.jpg

発売前から一部で話題となっていた製品のようで、店頭でも品薄になったようです。

スタイリッシュなデザインです。
ただ、Webサイトやカタログで見るよりも、実物はプラスチック感が強いですね。
しかも、ツヤツヤな表面加工のため、ちょっと安っぽく・・・ 傷も目立ちそうです。

普通のコードレス電話機の価格帯と比較しても、少々高い部類の製品となりますので、
質感はもっと上を期待したいところです。

IMG_0514.jpg

子機のデザインは、こんな感じです。

ボタン配置は、携帯電話のような感じですね。
ただ、中央の縦列のボタンのサイズがデカいです。十字キーの操作感を維持するためのデザイン
だと思いますが、そのため左右縦列のボタンが押しづらく感じてしまうのがもったいないですかね。

液晶画面は、2.1型の大き目なサイズ。ホワイトバックライトで視認性が良いですね。
ボタンのバックライトがブルー。こちらは、本体とのカラーバランスもばっちりです。

IMG_0515.jpg

子機背面の黒パーツもテカテカ。マットな加工をしてくれた方が、傷も指紋も目立たないんですがね。

IMG_0516.jpg

この製品のウリとなるスマートフォン連携。
iOS/Androidとも対応です。

一度、起動しておけば常駐となります。
初回設定として、VE-GDW03DLとの接続をするだけで使えます。

ただし、事前にVE-GDW03DL本体をご家庭の無線LANに接続しておく必要があります。
ですので、無線LAN環境を予め用意しておかないといけません。

固定電話機に対して、無線LAN設定やTCP-IP設定をするというのが新鮮でした!

この辺りは、サイトやカタログでも説明されていますが、誤解してしまうユーザもいるかも知れません。
スマートフォンとの連携に価値を見出すユーザは、おのずとWi-Fi環境を持っているような感じがあり
ますが(笑)

スマートフォン連携の説明について、ウリにしている割には本体マニュアルには、ちゃんとした説明
がありません。こちらも、ちょっと突き放し感を受けました。

本体にかかってきた電話をこのアプリをインストールしたスマホに転送する手順が解りませんでした
よ、最初。

IMG_0517.jpg

こちらのアプリは、本体との接続を定期的に確認しているようです。
外出すると、接続が切れた旨のメッセージが表示されます。

下記の動作が可能です。

本体に電話が来ると、スマホアプリもコール音が鳴るので、スマホ側で取ることが。
本体で取った電話を、事前登録したスマホへ転送する。
スマホアプリから、固定電話回線から電話する。
スマホの電話帳から、固定電話回線へ電話する。

各社スマホ料金体系は、データ通信のみの想定で、通話の優遇が無いのが多いので、
自宅から外へ電話するのに固定電話回線を使用する、というのは良いアイデアですね。

また、防水のスマホであれば、固定電話にかかってきた電話を転送して、お風呂で通話
なんてもことも可能ですね。

私としては、子機の雑音が無くなったので、それで満足なのですが、加えてスマホ連携
機能が付いたのいうのが付加価値として、より良かったです。

改善ポイントとてしては、本体の質感向上とマニュアルの説明追加ですかね。

あ、後USB充電ポートが1つ付いているのもポイントです。
電圧は少ないですが、臨時でUSB充電したい機器があった時、とても便利です。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: