So-net無料ブログ作成
検索選択

銀座ソニービル「DRAMATIC 4K EXPERIENCE」 [雑記]

銀座のソニービルにて、4K映像イベント「DRAMATIC 4K EXPERIENCE」が開催されて
いるので、見に行きました。

001.jpg

イベントが開催されているは、8FのOPUS。

いつもだと、入口がオープンされていて、自由に出入りできるイベントが多い
のですが、今回はテーマパークのアトラクションのように、時間と人数を決めて
入るようになってます。

その理由は、入口に新製品のBRAVIA KD-84X9000がおいてあり、まずその
映像を見せての雰囲気づくりがされているからでした。

混むかと思って、開店時間ちょっと過ぎくらいに行ったら、その回は私一人。
暗い部屋で画面を独占してしまいましたが、ちょっと恥ずかしかったですね・・・

中には特別に調整された4K大画面映像でプレイするグランツーリスモ5が!

これは画面を4分割して、1画面に1台のPS3で並列処理させて投影している
とのことです。

もう1つは、新製品の一眼カメラ「α99」で撮影した4K画像をKD-84X9000で
表示するもの。

ここで見た感じでは、思ったよりもびっくりする衝撃や感動はなかったかなぁ。
しかしながら、84型のモニタでありながら、PC高精細モニタで見ているような
キメの細かさを感じました。

002.jpg

続いて2Fに降りて、OPUSとは別にKD-84X9000の体感イベントにも参加して
みました。

こちらも10分程度の4K映像を体験します。しかも、1回辺り4名なので、じっくり
体験することができました。

こちらは、4Kネイティブの動画、市販BDソフト(マイフェアレディでした)を KD-84X9000
本体機能で4K映像にアップコンバートしたものを視聴できました。

個人的には、こちらの方が4K映像の迫力を体験できました。
84型というサイズと、視聴距離が近かったせいもありますが、4K映像の情報量が多い
ので、一画面を見渡すのに時間がいるな、と感じました。

地デジのHD画質では、家の55型のHX920で見ると粗さが解ります。
4K映像は、50型以上のサイズの画面で高精細を感じるためには、必要な情報量なので
はないかと思いました。

その後、同じく4K画質の静止画も視聴。
こちらは、OPUSで視聴させてもらったのと同じレベルでしたが、2枚目の吉野の桜の写真
がとても素晴らしかったので、感動が大きかったですね。

4K体験抜きにして、この桜の写真は必見だなと思いました!

ちなみにKD-84X9000は、受注生産で168万円との事。
コンテンツもまだ全然ないでしょうから、一般に普及するのは、まだまだ先ですねぇ。

003.jpg

最後に銀座ソニービル前のディスプレイです。

先日まで美ら海水族館ディスプレイで夏でしたが、一気に秋ですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。