So-net無料ブログ作成
検索選択

2012年梅酒仕込み [雑記]

DSC01040.jpg

以前から興味があったのですが、自家製梅酒を仕込んでみました。

今月(7月)初めの週刊アスキー掲載の「カオスだもんねPLUS」で、梅酒仕込みを取り扱ってました。

その中で、アカザーさんは定番のホワイトリカーではなく、ウィスキーを使って仕込んでいるのを見て、
やってみたくなったわけです。

DSC01034.jpg

そこで、早速材料を仕入れてきました!

とはいえ、青梅が全然売っていない。それもそのはず、記事の掲載は7月ですが梅酒を仕込んだのは、
梅が旬の6月だったんですね。

探し回って、手に入ったのは、既に黄色く熟した南高梅。
どうやら、梅干し用のようなのですが、さてどうなることやら。

弾力も柔らかく、匂いも梅というより甘いプラムの様。それはそれで良い匂いですが・・・

DSC01035.jpg

アク抜きの為、2時間程水にさらします。

DSC01036.jpg

その後、梅のヘタを取ります。

DSC01037.jpg

痛んだものを除外して、残りをキッチンペーパーで丁寧に水気をふき取ります。

DSC01038.jpg

配分ですが、梅800g、氷砂糖500g、ウィスキー700ml。ホントざっくり適当ですね。

DSC01039.jpg

使ったウィスキーは、ニッカウィスキーBlack Clear。お店で一番安かったので。

DSC01040.jpg

こちらを一瓶注いで、仕込み完了!
後は、最初の目処の3カ月後まで寝かします。

DSC01057.jpg

こちらは、3週間経過した状態です。

左の方は、最初のものを仕込んだ次の日に、割と青めの梅が入手できたので、追加で仕込んだもの。
梅が200g程多いですが、ウィスキーと氷砂糖は同じ量で仕込んでます。

双方とも、梅が全然沈まないので心配。

追加で仕込んだ方は、半分位は沈んだんですが、最初の方は全然です。
熟れた梅を使ったのと、たぶん砂糖が多すぎなのかもです。







ブラックニッカ クリア 37° 700ML

ブラックニッカ クリア 37° 700ML

  • 出版社/メーカー: アサヒビール株式会社
  • メディア:



カオスだもんね! PLUS 1 (電撃コミックス EX)

カオスだもんね! PLUS 1 (電撃コミックス EX)

  • 作者: 水口 幸広
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2010/01
  • メディア: コミック



カオスだもんね!PLUS(3) (電撃コミックスEX)

カオスだもんね!PLUS(3) (電撃コミックスEX)

  • 作者: 水口幸広
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2011/08/27
  • メディア: コミック



カオスだもんね! PLUS 4 (電撃コミックス EX 136-4)

カオスだもんね! PLUS 4 (電撃コミックス EX 136-4)

  • 作者: 水口 幸広
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2012/04/27
  • メディア: コミック



カオスだもんね! PLUS 2 (電撃コミックス EX 136-2)

カオスだもんね! PLUS 2 (電撃コミックス EX 136-2)

  • 作者: 水口 幸広
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2010/09/27
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: